会員登録・ログイン パートナー企業申請
ロゴ
株式会社 マルト

終の棲家としてのリフォーム

こんばんは!
マルトの澤田です。

今日は一気に寒くなりましたね

毎年言ってるように思いますが
最近秋が短いですよね

この間まで冷房入れてたのに
暖房しちゃいそうなぐらい
一気に変わりました。

そんな気候ではありますが
我が家の庭はまだまだ
秋真っ盛りです。

皆さんしってました?
フキって花咲くんですよ

これツワブキと言います。
黄色いカワイイ花を咲かせて
まして、ツリバナの赤、
下草の緑と大変賑やかな
裏庭になっています。

とまぁ、季節がいよいよ
寒くなってきたという事
で、

「スキマ風だらけの我が家
 を暖かい家にしたい!」

とご依頼頂いたお客様の
終の棲家としてのリフォーム
工事をしていましたが

いよいよ完成に近づいて
来たという事でちょっと
覗いてきました。

現場は彦根城の近くの
城下町です。

ファサードはやっぱり大事
という事で、景観を崩さない
よう外部は板貼りです。

外壁は、滋賀県の木を使った
焼き板と、三重県の木を
使った下見板で駐輪場兼
物置にしました。

内部は御主人のご希望の
桐の床です。

これめちゃくちゃ柔らかい。
杉より柔らかいんですよ。

なので、傷が付かないように
細心の注意を払いながら
最後の仕上げ工事をやって
おります

今日みたいな寒い日で
窓も玄関も開けっ放しで
作業してましたので、
室内は少し肌寒い感じ。

当然、床暖もしてませんし、
もちろん暖房も入れてません
が、歩いてると足の裏が
ほんのり暖かくなります。

これぞ無垢の木の良さ
ですね。

これで快適な冬を迎えて頂ける
のではないでしょうか

詳細はブログなどでまた
ご紹介したいと思います。

ではでは。

続きを読むには会員登録が必要です。

無料会員登録で、限定コンテンツ読み放題!