会員登録・ログイン パートナー企業申請
ロゴ
株式会社プレゼントデザイン

プライバシーを保ち、日射を確保する方法。

こんにちは。
プレゼントデザイン 川端です。

週三でアルバイトに来てもらうようになり、
少し心に余裕ができてきた感があります。

そろそろブログを再開できるかな。

ようやく、少しづつ
プレゼントデザインが
皆様に認知され始め、
さまざまな問い合わせを
いただくようになりました。

全然、お役に立てないこともあるのですが、
こちらとしては、
家づくりをされている方の
悩みを知ることができ、
ありがたくも思います。

昨日のメルマガでも
ご感想をいただきました。

南道路においての、
プライバシーのとり方に関しての
ご質問でした。

まず、素人の方と
私達で大きく違うのは、

南面道路をそもそも
良い土地という意識は
私にはあまりありません。

やはりプライバシーの問題が
大きくあります。

北道路で、南で日射が確保できるなら、
プライバシーが保てるので、
それに越したことはないです。

ただ、地方であれば、
北道路でもしっかり日射が取れる
隣の家と離れて
家を建てることはできますが、

ある程度の住宅街であれば、
隣が近く、北道路では
日射が確保しにくいのは
現実です。

まず、南道路で日射を確保しながら、
日差しを確保するのは、
塀をつくることです。

私は185cmありますが、
一般的には150cmくらいの塀を
つくれば、
視線を遮ることは可能です。

その際に注意すべきなのは、
通風と防犯です。

欲張って高すぎる塀をつくろと
防犯上の死角になり、あまりよくありませんし、
ブロック塀など密な塀をつくれば、
風が通らなくなります。

板塀などの隙間のある塀で、
軽く視線を切るのがおすすめです。

下記はプレゼントデザインの施工例の
可部の家です。

m.pleasant-design.com

1m20cmと少し高さを抑えています。

この前はほとんど歩行者は通らず、
車くらいしか通りません。

車と人では
高さも通り過ぎるスピードも
違うので、
周辺に応じて、
目隠しを考える事が重要です。

次に塀をつくると
日射が入らないような
狭い敷地の場合は、
単純に窓の高さを上げることにより、
プライバシーを守る事が可能です。

吹き抜けをつくって、
高い位置から日射を入れるのも、

2階リビングにして、
視線をカットするのも、

高い窓を設置する
延長線上の考えです。

また、そもそもの話ですが、
昼間に外から見られている意識があるかも
しれませんが、

実はあまり見えません。

昼は外が明るく、
家の中が暗いので、
鏡のような形になり、
室内はそとからよく見えません。

あなたも普段街を歩いているときに、
ガラスの向こうを見ようとしても
なかなか見えないはずです。

店先のショーウインドウは
ガラスの近くを照明で明るくして、
見えるようにしていますが、

窓際に立っている場合をのぞいて、
中が丸見えになっているというのは、
実は自意識過剰なのかもしれません。

外がよく見えることに不安を感じるのだと
思いますので、
植栽などを植えて、
自分自身の視線をもう少し近くにすることにより、
見え方はだいぶ変わると思います。

共働きの家が
昼間カーテンを締めて、
家を出るのも実は、
防犯上は
入られてしまうと
中で何しているか見えないので、
逆効果かもしれません。

いろいろ感じ方は人それぞれなので、
よくよくご家族で話あうべきですが、
難しく考えすぎるのは
よくないかもしれませんね。

最後に質問者さんが、
コの字型の間取りにして、
プライバシーを確保するのはどうか?

というご質問もいただきましたが、
コの字型の家は
大きな袖壁があることになります。

どれくらいの袖壁かにもよりますが、
大きな袖壁をつくると、
日射が入る時間を制限します。

真南に家が立っているとして。
コの字型の場合、
おそらく、冬は
11時~14時くらいしか、
コの字の奥の壁に日が入りません。

文章だけでは難しいので、
これもまた時間が取れたときに
ブログにて、解説したいと思います。

それでは、また次回。

続きを読むには会員登録が必要です。

無料会員登録で、限定コンテンツ読み放題!