会員登録・ログイン パートナー企業申請
ロゴ
株式会社プレゼントデザイン

2100年の天気予報

こんにちは。
プレゼントデザイン 川端です。

とりあえず、
髪の毛を染める予定はない、
頑固なおやじです。

賢く見えるなら、
仕事的には間違えていないし。
(ミスインフォメーション??)

さて、今日は過去最高の気温になるようですね。

ところで、
未来天気予報って
ご存知でしょうか?

上記リンクで見れます。

小島瑠璃子さんがキャスター
やっているので、
2100年っていう感じがしませんが。。苦笑

世界の目標である
平均気温1.5℃未満を達成した場合、
しなかった場合の天気予報になります。

ちなみにこれは環境省が作成した
動画です。

温暖化懐疑説も
最近はめっきり聞かなくなりましたね。

今日の気温を見ていると、
2100年、78年をまたずとも
この気温に達しそうな気がします。

2100年といえば、
ほとんどの方はピンと来ないですが、
間違いなく近い未来なのかもしれませんね。

私たちの世代も影響を受け、
そして次の世代以降は
もっと色濃く影響を受けそうです。

こういう難しい話ばかり書いていると
悲しくなってくるので、

本業の家づくりの影響も少し書きます。

温暖化ですので、
夏も冬も温度が上がります。

現時点で、私たち実務者が
シミュレーションしているのは、
過去の気象条件から、
どれくらい冷房や暖房の負荷がかかるか
ということをシミュレーションしています。

例えば冬は室温を22℃、
夏は26℃にしたいとして、

外気温との差が
冷暖房負荷に影響を及ぼします。

この外気温というのは、
当然ではありますが、

「過去の気象条件(気温)から
 算出されています。」

温暖化が進めば進むほど、
冬の暖房負荷は減り、
夏の冷房負荷は増えることになります。

つまり、冬は余裕ができてきて、
夏は余裕がなくなるということです。

今、レモンの会が空調講座を受けているのは
この問題をクリアする必要があると
感じたからというのもあります。

どのような夏の気温の想定で、
これから家づくりをしていくべきなのか。

ということが大事なわけです。

未来天気予報を見ると、
日本で一番夏の気温が低いのが
沖縄になります。

これからは寒いエリアでも
夏のパッシブデザインの設計が
大切になるかもしれませんね。

それでは、また次回。

続きを読むには会員登録が必要です。

無料会員登録で、限定コンテンツ読み放題!