会員登録・ログイン パートナー企業申請
ロゴ
株式会社 マルト

本当に”LDK”で良いのですか?

こんばんは!
マルトの澤田です。

今朝の我が家

彩づいたモミジ(写真からは
わかりませんが)が朝日を浴び、
障子にうっすらと影を落として
います。

いつもと変わらない朝なのですが、
こんな所を見て、心安らぐのは
ジジィになった証拠なんですかね?

やっぱり障子にして良かった(笑)

今日はLDKの話

リビング、ダイニング、キッチン
をまとめてLDK

知ってるわ!なんてツッコミは
無しですよ

あえて分けた事に意味があるん
ですから

そうなんですよね

そもそも別々の部屋なんです。

くつろぐ部屋

ご飯食べる部屋

料理する部屋

だけど最近は全てワンルーム
にしてLDKと呼ぶようになり
ました。

開放的
料理しながらテレビ見たり
お子様の様子が伺えたり
大空間で明るいLDK

そんな感じでずーっとこの
形を提案してきた訳ですが
最近は、お客様の要望も少し
変化が出てきたように
感じています。

一般的にLDKのデメリットと
言われるのは開放的すぎる事

キッチンが丸見え
料理の臭いが充満する
くつろぎの場に生活感

などなど、開放的が故に起こる
問題があります。

これ、ほとんどがキッチンの
問題なんですね

じゃぁ解決策は?となると
キッチンをクローズにすれば
全て解決します。

孤立するのはイヤだと言われる
方もいらっしゃいますが、人に
よっては料理する時は結構集中
してるから、孤立も問題無い
という方もいらっしゃいます

もちろん開放的な部分も
欲しいでしょうし、キッチン
からの眺めや日射も欲しい
という希望はあるでしょう。

眺めはあえてLDKにして作らなく
ても、キッチン単体でもつくれ
ますし、

完全にクローズにする訳では
ありませんから、カウンター部
だけオープンにするとか

扉をあければオープンになるなど
間取りの工夫次第でいかようにも
なります。

一人になりたい時はキッチンの傍に
小さなヌック(半畳ぐらいにカウンター
と椅子でもOK)があると、LDから
孤立する事で、日々の喧騒から離れ、
少しですがホッと一息つく事も
出来ます。

LDKはオープンが当たり前
キッチンは対面が当たり前

と固定観念で決めつけては
ないですか?

新築・リフォームを考える時は、
雑誌やSNSで見る素敵なデザイン
の家に住みたいという希望も大事
ですが、自分の生活スタイルを考え
無理やストレスののない暮らし方
を考えるのも大事だと思いますよ

ではでは

続きを読むには会員登録が必要です。

無料会員登録で、限定コンテンツ読み放題!